クラッチスタートキャンセラー

こちらの回路図を参考に、オートクラッチスタートキャンセラーを作りました。

作業内容

ドリルセットにある一番太い穴開け用ビットで穴を空け、そこから徐々に広げていく。

スイッチ用穴開け

もっと綺麗に処理したいけど。いかんせん、工具が少ないので。
スイッチパネル加工

一応こんな感じで、スイッチが収まる。
on-off-onスイッチ

周りの傷は、ラジオペンチでナットを締めたときに付いてしまった。。。
on-off-onスイッチ

完成した配線。接触が悪くなると、エンジンがスタートしなくなってしまうという状態になってしまうため、結線部分は圧着と同時に、全部半田付けしました。

完成図

最後に、テスターで通電と配線を確認します。(もし、配線がおかしかったり、通電していなかったら調査が大変なので、確認しておきます。

使ったモノ

工具はこちら

エーモン ターミナルセット(大) 電工ペンチ・検電テスター付 E3

新品価格
¥1,618から
(2016/10/31 02:53時点)

配線は目立つように黄色

矢崎総業 配線コード(AVコード) 0.85sq 100m巻 黄色(イエロー)

新品価格
¥3,358から
(2016/10/31 02:56時点)

穴開けや日曜大工のために購入

リョービ(RYOBI) ドライバードリルキット 鉄工5mm 木工10mm FDD-1010KT 646003A

新品価格
¥4,980から
(2016/10/31 03:05時点)

ON-OFF-ONスイッチ。一応、簡単に従来の配線に戻すため。

エーモン トグルスイッチ ON-OFF-ON DC12V・12A アルミノブ 1215

新品価格
¥552から
(2016/10/31 03:07時点)

カプラー(本来は3極だったけど、配送が間に合わないため2極とギボシで)

エーモン カプラー2極 (ロック式) 250型 1122

新品価格
¥123から
(2016/10/31 03:07時点)

テスター

OHM(オーム電機) デジタルマルチテスター 普及型 TDX-200 (04-1855)

新品価格
¥1,062から
(2016/10/31 03:13時点)

感想

  • パネルなので、スイッチと本体側を外しやすくするためにカプラーを着けたりしていたら、作業内容が多くなってすごい大変だった。。。素直に直結しておくだけにすれば良かった!
  • 部品点数と金額も高くなっちゃうし。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする